HOME>アーカイブ>業者に任せよう!フローリングのコーティングや電気工事もお手の物

業者に任せよう!フローリングのコーティングや電気工事もお手の物

女性

電気系統の工事は電気工事のプロに依頼

宅内配線などのAC100Vの電気工事には電気工事士の免許が必要となりますので、電気屋に依頼するのが得策です。素人が工事をしてしまうと、ショートなどを起こして宅内は線を壊してしまったり、火災を発生させてしまったりします。また、リフォーム時などについては、最適な位置にコンセントや照明器具を配置してくれます。

一軒家

リフォームを依頼する場合にも、専門家に依頼するのがベストです。特に、おしゃれなリフォームを行いたい場合にはデザイナーズ系の専門家に依頼すると良いでしょう。また、リフォームを行う際には顧客のライフスタイルに合わせて、将来像まで想像しながら提案してくれるのメリットです。老後後に備えて、風呂場に手すりをつけるなどの配慮もしてくれます。

床の傷が目立たなくなるフローリングコーティングの流れ

インテリア

施工箇所の確認を行う

業者に立ち会ってもらい、施工箇所の確認を実施します。この時には見積もりと、おおよその作業時間を教えてもらえます。その後に、施工箇所の家具などの一時的な撤去を行い作業をしやすくします。この時点で施工業者になんでも不明点は質問しておきましょう。

傷の箇所をチェックして傷を修復

業者の専門スタッフがフローリングのコーティングの前に、傷の有無などをチェックします。施工箇所に傷があった場合は、傷を修復してからコーティングします。小さな傷はクレヨンのようなものを塗りこむことで修復可能です。大きな穴などは、フローリング色のパテにて修復します。

コーティング開始

傷の修復から6時間から10時間後くらいに、再度傷の修復具合を確認し、問題がなければコーティング作業となります。また、コーティングをする際にはコーティングをしない部分が汚れないようにマスキング作業も実施します。

広告募集中